コピーライティング

念能力から学ぶタイプ別コピーライティング

ISHI8563_tahichi_TP_V

ハンター×ハンターでは念能力は6系統に分けられている。

 

強化系

変化系

具現化系

特質系

操作系

放出系

 

これは、元々の性質が決まっていて、自分の性質にあった念能力を

習得していくことが望ましいとされている。

 

他の系統の念能力では、自分の力が100%発揮できないからだ。

 

【六性図】なるものがあって、隣り合わせになっている能力は、

比較的力を発揮しやすいという特徴もある。

 

ゴンは強化系で、まずは強化系を鍛えて、次にその両隣にある、変化系と放出系も

鍛えていくと、バランスの良い念使いになるということで、ビスケに鍛えられた。

 

現実世界では、『念能力の使い手』はなかなかいないかもしれないが、

人はこのようなタイプ別に分かれている。

 

血液型

12星座

エニアグラム

九星気学

などなどなど・・・

 

色々な種類があって、これらは「性質」としてその特性をそれぞれ持っている。

 

その他にも、

 

五感タイプ

興味タイプ

4つの学習タイプ

行動タイプ

6つの感情

 

なんかもある。

 

これらはコピーライティングによく使われるものだ。

 

自分の性質を知っておくと便利だ。

特に後者にあげたようなタイプ。

 

自分のタイプを知っておくと、自分と似た人を引き寄せやすくなる。

 

逆に知らないと、自分と合わない人を引き寄せてしまったりするので注意が必要だ。

 

タイプって言っても、全部の要素は少なからず持っているから、

どの要素が最も強いかって話になってくるし、どれか1つだけってことはない。

 

例えば、五感タイプ。

 

「海」というものをイメージした時に、

 

青い空、青い海、白い砂などをイメージする視覚タイプ

波の音や海猫の鳴き声をイメージする聴覚タイプ

砂の感触や海の冷たさなどをイメージする触覚タイプ

磯の香りや食べ物の匂いをイメージする嗅覚タイプ

トロピカルジュースなどの味をイメージする味覚タイプ

 

視覚タイプの人に青い海をイメージさせるとビクンビクンと反応する。

 

でも、磯の香りとかイメージさせても、ピクリともしない。

 

視覚タイプと言っても、視覚だけってことはない。

視覚が一番強いけど、聴覚や嗅覚も感じるかもしれない。

 

こんな感じでタイプに合わせて表現すると、そのタイプの人はビクンビクンとしてしまうだろう。

 

なんだか随分とまとまりのない文章になっている気もするが、

「タイプ別」は覚えておいて損はないだろう。


無料メルマガのご案内

自分らしく人生を楽しみながら、

経済的・精神的に豊かになる方法

無料メルマガでお伝えしています。

 

興味のある人は登録してくださいね!

 

 

自分らしく生きる

コメントを残す

*