ビジネス

ビジネスで成功する秘訣はセールスしまくる事

ブログ用

これからビジネスをするっていう人にとっては、『ビジネスをする』っていうことが、

ものすごい高いハードルに感じていると思います。

 

「なんか、ものすごい大きな事をやらなければいけないんじゃないか?」

「本当に自分にできるのか?」

 

というような不安を感じていると思います。

 

 

どうですか?感じていますか?

 

いや、感じているはずです。
感じていますよね?
感じてるでしょう?

 

※感じているという表現に対して他意はありません。

 

 

ビジネスの本質っていうのは、【何かを売ってお金を得る】って事です。

 

それ以上でもそれ以下でもありません。

 

単純に考えれば、自分の持っている不用品を『ヤフオク』で売ってお金を得るだけでも、

立派なビジネスなんです。

『オークションビジネス』って聞いた事ありませんか?

 

本格的にやっていこうと思ったら、仕入れが必要になってきますが、

まあ、とにかく誰にでも出来る事です。

 

 

僕も、ブックオフなどで本やCDを買ってきて、

アマゾンで売る『せどり』というビジネスモデルで、お小遣い程度は稼いでいた経験があります。

 

こういうのでも、ビジネスと言えるので、あまり大きな事をやろうとせずに、

『出来ることから始める』という風に考えてくださいね。

 

商売成功の秘訣

 

そしてビジネスをするに当たって、もう一つ、

恐らくこちらの方がメインのハードルになっていると思います。

 

なんだと思いますか?

 

それは『お金を稼ぐこと』に対する心理的な抵抗です。

 

どうですか?感じていますか?

 

いや、感じているはずです。
感じていますよね?
感じてるでしょう?

 

※感じているという表現に対して他意はありません。

 

 

ビジネスをする目的ってなんでしょう?

 

  • 自己実現とか
  • 世界平和とか
  • 困っている人を救う為とか

 

色々考えられると思いますが、そんなのは、はっきり言って『こじつけ』です。

 

 

ビジネスをする目的。

それは『お金を稼ぐこと』です。

 

 

稼ぐんです。儲けるんです。

稼ぎまくるんです。ガンガン稼ぐんです。

ガッポガッポ儲けるんです。

 

 

はい、どうでしょうか?

なんか嫌な感じしましたか?

抵抗感じませんでしたか?

 

感じて(以下略)

 

 

7年連続納税額日本一で有名な、斎藤ひとりさんという、億万長者が、

商売の秘訣についてこんな事を言っていました。

商売のコツは、取った上にまた取る。

これがアコギに聞こえるようでは、商人失格だよ。

 

アコギに聞こえますか?

 

ひとりさんは、おそらくワザと『取る』という、『悪意のある表現』を使っていると思います。

 

『取った上にまた取る』ってどういう事だと思いますか?

 

ちょっと考えてみてください。はい、じゃあ答えを言います。

 

 

これは『リピーター』になってもらうって事です。

 

『お得意様』、もっと言えば『ファン』になってもらう事です。

 

 

これはイコール【お客さんと長期的な関わりをする】って事になります。

 

 

そう考えると、どうでしょう?

 

  • 強引な押し売り
  • 人を騙して売りつける
  • 感情を揺さぶってセールスする

 

という行為はできないですよね。

 

そういう行為をすれば、絶対に『リピーター』にはなってくれません。

 

 

メディアなどでは、こういったものにスポットを当てて取り上げるので、

『お金を稼ぐ事は悪い事だ』という思考が蔓延っています。

 

メディアでは、巧みに情報操作をして、僕らを洗脳していますので気をつけましょう。

 

上記のような行為をすれば、短期的には大きく稼ぐ事もできるかもしれませんが、

長期的に見れば自分の首を絞めている行為になります。

 

 

リピーターがいれば売上は青天井

 

 

日本の人口を全部で100人だと仮定します。

『強引なセールス』をした人は、『リピーター』になってくれる人がいないので、

セールスできる上限は100人です。

 

1万円の商品を売ったら、え~、いくらですか?(笑)

はい、100万円ですね。上限は100万円です。

 

もっと細かく言うと、セールスをしていく内に、悪い噂が流れて、買わない人が出てきます。

なので、100人全員にセールスできない訳ですね。

 

 

では、『長期的な関わりをする事を前提』としたセールスはどうでしょう?

 

セールスできる上限は同じく100人です。

1万円の商品を売ったら100万円です。

 

でも、ここから『リピーター』になってくれるお客さんが出てきます。

同じ商品を販売する事もできるし、もっと高い商品も買ってくれます。

 

このサイクルがエンドレスです。

売上の上限は未知との遭遇です。

 

 

例えば、情報商材と言われるものは、先に安い価格帯のものを

たくさんの人に買ってもらう『フロントエンド』と言われるものがあって、

その後に本命の『バックエンド』と言われる高額の商品があります。

 

 

一度自分から買ってくれた人と、信頼関係が出来上がっていれば、

またその人から買いたいと思ってもらえるという事ですね。

 

こういう【長期的な関わり方】ができるビジネスが、

売り方良し、買い方良し、世間良し、と言われる【三方良し】のビジネスです。

 

 

あなたがお金を稼ぐ事で不幸になる人はいません。

 

お金を稼ぐ事=良い事なんです。

 

お金をもらった方も、払った方も幸せになれるんです。

 

 

そして、こういう『正しいマインド』を持ってビジネス活動をしていけば、

『腐ったマインド』を持ってビジネスをしている人を駆逐する事にもなります。

 

 

まとめ

 

 

長くなったので今日の内容をまとめますね。

 

長期的な関わり方ができるビジネスをする事は良い事だ!

自信を持って堂々とビジネスをしていこう!

 

はい、まとめると今日の内容は2行で終わります。(笑)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。


無料メルマガのご案内

自分らしく人生を楽しみながら、

経済的・精神的に豊かになる方法

無料メルマガでお伝えしています。

 

興味のある人は登録してくださいね!

 

 

自分らしく生きる

コメントを残す

*