ネタ的マインドセット

ホーディ・ジョーンズと日本人の奇妙な一致

paku_klajsdkfjas_TP_V

新魚人海賊団の船長であるホーディ・ジョーンズは人間を憎んでいる。

 

心底憎んでいる。

 

人間を恨み、蔑み、怒り、滅ぼしたいと思っている。

 

それほど強い憎しみはなぜ生まれたのか?

 

リュウグウ王国王子・ネプチューン家三兄弟の長男

フカボシが「人間は一体お前に何をした?」と訪ねた。

 

ホーディの答えは「なにも」

 

 

ホーディは人間に『なにもされてはいない』

 

フカボシが言うように、この恨みには

「体験」「意志」が欠如しているわけだ。

 

つまり、恐ろしいほど抱いている憎しみは、

単なる【思い込み】だということだ。

 

これを聞いて、

 

「何もないんか~い!!」

「おかしいやないか~い!!」

 

と思った人も多いかもしれない。

 

でも、私はここに、ホーディ・ジョーンズと

我々日本人の奇妙な一致を感じた。

 

「感じた」という表現に他意はない。

 

「体験」と「意志」が欠如している単なる【思い込み】

 

素晴らしい教育によって、

この思い込みを強く持っている日本人は多いと思う。

 

朝昼晩の1日3食食べなければならない

というのは思い込みかもしれない。

 

でも、「3食食べるのは医者のため」かもしれない。

 

ニュースや新聞は全ての情報を公平に

流してくれていると思い込んでいるかもしれない。

 

でも、「報道の自由」というのは幻想で、

日本は中国や朝鮮よりもガッチガチかもしれない。

 

小学校に行って読み書きができるようにならないければ

頭の悪い、出来の悪い大人になると思っているかもしれない。

 

でも、12歳くらいまでは、読み書きをするよりも、

体を動かしたりして五感を鍛えた方が

脳が発達するというデータもあるかもしれない。

 

意志や体験が欠如しているものは思い込みかもしれない。

 

この思い込みに僕たちは縛られているかもしれない。

 

自由という名の翼をもがれたエンジェルかもしれない。

「翼をください」を歌いたくなるかもしれない。

狩野英孝のようにアレンジをしたくなるかもしれない。

 

思い込みにとらわれて人生を損していないか

一度考えてみた方がいいかもしれない。

 

「稲中卓球部」で田中が女装をしている時に、

イチモツがはみ出てきて、慌てて隠そうとした時に

 

イチモツに「本当にそれでいいのか~?」と

聞かれていた時のように、自分に聞いてみた方がいいかもしれない。

 

とりあえず、ワンピースを全巻読んだ方がいいと思う。

 

なぜなら、この世の全てがここに詰まっているからだ!

思い込みで雁字搦めだけど素敵か?


無料メルマガのご案内

自分らしく人生を楽しみながら、

経済的・精神的に豊かになる方法

無料メルマガでお伝えしています。

 

興味のある人は登録してくださいね!

 

 

自分らしく生きる

コメントを残す

*