コピーライティング

コピーライティングコンテンツ イメージをさせろ!

knowledge-book-library-glasses-textbook

文章を書く上で最も大事なことは

「相手に伝わるように書く」ことです。

 

コピーライティングでは、

よく『ストーリー』にすると良いと言われています。

 

それはなぜかというと、

「読んだ人がイメージしやすい」からです。

 

ストーリーにすると続きが気になるとか

読みやすいとか、色々な理由はありますが、

人はストーリーを読むと頭の中でその光景をイメージします。

 

逆に、淡々と並べられた文章では、

人はイメージができません。

 

そうするとストレスがかかり、

読んでくれないし、理解してくれなくなります。

 

だから、伝わりやすい文章を書く為には、

読んだ人にイメージをさせることを意識します。

 

読んだ人にイメージをさせる為には、

色々な方法がありますが、

今回は簡単に使える方法をお伝えします。

 

 

コピーライティングテクニック

 

それは【擬音語を使う】というものです。

 

擬音語を使うと人はイメージしやすくなります。

 

例えば、

 

「頭が痛い」というよりも、

 

「頭がズキズキする」

「頭がガンガンする」

 

という方が、どんな風に痛いのかイメージできますよね?

 

「緊張する」というよりも、

 

「緊張して足がガクガク震える」

「心臓がバクバクして破裂しそう」

 

という方が、臨場感を感じることができますよね?

 

「汗をかいた」というよりも、

 

「Tシャツが汗でビショビショになった」

「汗がダラダラと流れて止まらない」

 

という方が、暑苦しさが伝わりますよね?(笑)

 

こんな感じで、表現の中に【擬音語を使う】だけでも、

読んだ人がイメージしやすい文章を書くことができます。

 

読んだ人のイメージをさせる

 

ここを意識するようにしましょう。

 

ちなみに「例えば」というのも、

相手にイメージをしてもらうためのテクニックです。


無料メルマガのご案内

自分らしく人生を楽しみながら、

経済的・精神的に豊かになる方法

無料メルマガでお伝えしています。

 

興味のある人は登録してくださいね!

 

 

自分らしく生きる

コメントを残す

*