スキルアップのコツ

成功者が結果を出す秘密とは?

ブログ用

この記事では、成功者が結果を出す秘密について書いていきます。

 

これは『7つの習慣』を日本の紹介したり、『成功の9ステップ』などの本を

書いている『ジェームススキナー』が言っていた言葉にその秘密が隠されています。

 

ジェームススキナーのその言葉とは

違いをもたらす違いを見つける

というものです。

 

普通の人はセミナーに行った時、講師の言った事、スライドやホワイトボードに

書いてある事をそのままノートにメモしていきます。

 

でも、成功者は、そのまま書き写すような事はしません。

 

何をすると思いますか?

 

 

講師と自分との『違い』を探しているんです。

 

講師はやっているけど、自分はやっていない事

講師はやっていないけど、自分はやっている事

 

その『違い』がそのまま『結果』として現れます。

 

 

その違いを『アイデア』や『todoリスト』にしてノートに書き込んでいきます。

これはセミナーに限らず、本とかでも同じです。

 

『違い』にフォーカスする事で、『違い』を見つけて、

『違い』を自分の行動に取り入れる事ができます。

 

例えば、セールスに関するセミナーがあったとします。

『最強のセールストークを伝授します』的な内容です。

 

ここで、『普通』は、そのセールストークを覚えようと必死になり、

講師の一言一句を逃すまいと、セールストークに関する事を必死にメモしたりします。

 

極端に言えば、フォーカスは100%『セールストーク』オンリーです。

「どんなセールストークなのか?」その『テンプレート』を覚えようとします。

 

でも、実は重要なのは、『セールストークのテンプレートそのもの』ではなく、

そこまでの『準備段階』だったりします。

 

・客観的に数字を見た上での分析

・セールスに持っていくまでの流れ

 

という事の方が『セールストークのテンプレートそのもの』よりも『重要度』が高いんです。

 

『セールストーク』ではなく『講師と自分との違い』にフォーカスできていれば、

こういう隠れたポイントに気付く事ができます。

 

更に言えば、その『違い』が正解か不正解かはどうでもいいんですね。

 

・「この人は何をやってるんだろう?」

・「あ、こういう事かも?」

・「じゃあ、こうしてみよう」

 

このように自分で仮説を建てて行動していく事が重要です。

 

 

俗に言う、『PDCAサイクル』というものですね。

 

・プラン(計画)

・ドゥー(行動)

・チェック(確認)

・アクション(改善)

 

これが人が成長する過程です。

今の僕の考えでは、これ以外に人が成長する事はありません。

 

それくらい超ウルトラスペシャルハイパーボンバーローリングサンダー重要事項です。

 

今日はやたらと横文字が多い記事になりましたので、あなたが理解できるか心配です。(笑)

僕の中のネイティブが無意識に横文字を使ってしまったようです。

伊達に『24』をシーズン7まで見ていません。

 

という事で、

【違いを探せ】

を覚えておいて、ぜひ『ウォーリー』を探す前に『違い』を探すようにしてください。

 

 

望む結果を得る為の方法

 

 

違いをもたらす違いを見つけた後の行動について大事なことをお伝えします。

 

それは『望む結果を得る為の方法』についてです。

 

違いをもたらす違いを見つけて行動したとしても、

自分の『望む結果』を得られない事があります。

その『望む結果を得る為の方法』です。

 

 

結論から言います。

 

【適切な結果を得る為には適切なアプローチをする事】

 

以上です。

ありがとうございました。

 

 

はい、お・や・く・そ・く(笑)

(腹が立ったかもしれませんが、決して怒らないでください)

 

『こうやったらこうなるよ』と言われている事に対して、

『こうやったのにこうならない』事があります。

 

そんな時、『やっぱり自分には無理だった』と落ち込んだり、諦めたりしますよね?

 

でも、よくよく考えてみたら正しく『こうやっていない』から、

『こうならない』だけなんですね。

『こう』ばっかりでわかりづらいですよね。(笑)

 

 

ゴルフで考えてみましょう。

 

僕はゴルフは打ちっぱなしに2~3回程度しか行った事がありませんが、結構難しいんですよね。

最初は中々まっすぐ飛ばす事ができませんでした。

 

でも、それは僕がダメな訳ではなく、僕の能力が低い訳でもなく、

 

【ボールがまっすぐ飛ぶようにスイングできていないから】

 

ただそれだけなんです。

 

 

ボールがまっすぐ飛ぶように、適切なスイングをして、

適切にボールにヒットすれば、ボールはまっすぐ飛ぶようになります。

 

 

もちろん、持っている筋力、スイングスピードによって飛距離は変わりますが、

『まっすぐ飛ばす事』に関しては同じ結果になります。

 

適切なスイングをして、適切にボールにヒットしているのに、

「私だけボールが右にいきます」とか、「後ろに飛びました」とかはありえない訳です。(笑)

 

 

要するに、

 

【得たい結果が得られないのは適切なアプローチができていないだけ】

 

という事です。

 

 

まとめ

 

 

『結果』には必ず『原因』があります。

 

『結果』が出ないと、つい自分自身を否定してしまいますが、

『原因』は自分自身ではなく、『適切なアプローチ』ができていないだけなんです。

 

もちろん、個々の特性とか、得手不得手、向き不向きがあるので、

神羅万象全ての事を体得できる訳ではありません。

 

 

『ハンター×ハンター』でも、6系統全ての念能力を体得できる訳ではないですよね。

6系統全てを使えるのは『緋の目』になったクラピカだけです。

 

しかし、念能力とは違い、『スキル』というものについては、

ある程度必要なレベルまでは、誰でもできると思います。

 

 

突然の『念能力』の出現に戸惑ったかもしれませんが、ご理解頂けたでしょうか?(笑)

 

 

極端に言えば、『あいつにもできているのだから、俺にもできる』という気持ちが必要です。

 

「あいつにできて俺にできない訳がない」、と。

「あいつの技は俺のもの。俺の技は俺のもの」

 

極端な話、某ジャイアンくらいの気概があってもいいかもしれません。(笑)

 

『適切なアプローチをする事』にフォーカスしていきましょう。

 

勘のいいあなたならすでにお気づきだと思いますが、

適切なアプローチができているかどうかを確認するのが、

『PDCAサイクル』の『C』、チェックになります。

 

『適切なアプローチをする事』にフォーカスして、

計画を建てて、行動して、確認して、改善する事で、

自分の望む結果に手にする事ができるようになります。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。


無料メルマガのご案内

自分らしく人生を楽しみながら、

経済的・精神的に豊かになる方法

無料メルマガでお伝えしています。

 

興味のある人は登録してくださいね!

 

 

自分らしく生きる

コメントを残す

*